千年戦争アイギス 初心者講座その3

初心者講座その3は、前回の続きで近接職紹介その2です。
魔水晶交換ユニットは○、常設課金ガチャから出ないものは△、イベントユニットは×が名前の頭に付いています。

b0192497_6371258.jpg

竜戦士・ドラゴンプリンセス
細かく書くと、竜兵と竜戦士&ドラゴンプリンセス。イベントドロップとイベント景品である。
追加職第1弾。
竜族の特徴は、コストは高いが、その分ステータスが高いという事。
ただし、竜兵はそのコストに見合うステータスは持っていない。
メインはイベント報酬の黒ユニット。高い防御力が魅力。

× 竜人戦士
銅の竜人。特別な物は何も無い。
ドラニアのCCに1体必要。それ以外は育成の餌で構わない。

× ガドラス
銀の竜人。スキルが攻撃強化Ⅲ(CCでⅣになる)なので、スキル餌として重宝する。
ドラニアのCC、ドラゴンシャーマン、ドラゴンプリンセスの覚醒にそれぞれ必要になってくる。
忘れずに必要分は確保しとこう。

× ドラニア
イベント報酬で手に入る男性扱いのユニット。
特殊な条件でドラゴンプリンセスにCC出来る。
未CC30レベルと上限は低いが、かなり高いステータスを誇る。
が、今は覚醒の時代なので、そのステータスも、もはや過去の遺物かもしれない。

× アーニャ
ドラニアにイベント報酬の時の聖霊を使ったCCをする事で手に入る特殊プリンセス。
コスト35と重いが、守備性能が高いブロック2の魔法攻撃ユニット。
覚醒すると、さらにステータスが伸びる。
スキルが特殊で、40秒間被ダメージ50%カット、優秀である。
さらにスキル覚醒するとまったく違う攻撃的なスキルになり、自分中心範囲攻撃となる。もちろん魔法攻撃で。
複数ブロックの魔法攻撃ユニットとして優秀であり、比較的手に入りやすいのもあって、持ってて損は無い。
個人的にはアーニャの最大の特徴は防御性能だと思ってるので、スキル覚醒はオススメしない。



b0192497_6371986.jpg

サムライ
東方イベントで実装された追加職第3弾。
複数ブロックユニットで、ブロックした敵全員を同時攻撃出来る能力を持つ。
攻撃速度もあるので、HPが多い敵のラッシュを捌くのに丁度良い
ただ、攻撃力はそれなりだが、防御力はそこまで高くないので、過信は禁物。攻撃力のあまり高くない敵にぶつけたい。
そろそろ黒サムライ追加&スキル覚醒が来るのではと思っている。

鉄、銅サムライ
使いません。

銀サムライ
使いません。

△ コジュウロウ
なぜかイベント時によく出てきて、白金プリンセスコンビの嫉妬の視線を浴びている。
防御力強化Ⅲ(CCでⅣ)を持ってるので、スキル餌として重宝される。
ステータスは普通なので、普通に使っても問題無い。スキルも強いし。
覚醒もある金ユニットなので、男マップで重宝するでしょう。

チズル
他のサムライと比べてコストと守備力が低い。が、HPと攻撃力は高めという変わった子。
スキルも特殊でオンリーワン。遠距離攻撃を確率で回避する。
高HPと射撃回避を活かして、複数リッチの攻撃を回避する盾として使われたりする。
実は金なのにサムライの中では通常攻撃力が一番高い。

○ アカネ
東方イベントで報酬として登場したサムライ第1号。
スキルが回避系なので、インパクトが薄い。
覚醒すると攻撃速度が速くなるアビリティを取得。通常殲滅力が高いサムライとして使える。
現時点ではサムライにスキル覚醒は無いが、スキル覚醒すると他のユニットを見る限り、攻撃系になるのではと思われる。

△ サクヤ
攻撃強化Ⅳという強力なスキルを持つ侍。
覚醒すると雑魚を2%位で即死させるアビリティを取得。
見た目が薄幸すぎて影が薄い。覚醒立ち絵もまだ無いし。

△ シズカ
サムライでもっとも人気が高い子。
スキルが強く、攻撃毎に自分の最大HPの15%(スキル5時)回復するというものを持つ。
サムライの特性とマッチしていて、回復の援護なしで敵の猛攻を捌くことが可能。
覚醒するとサムライ、忍者の攻撃力がアップするアビリティを取得。
この子も覚醒立ち絵がまだ無いが、人気のある立ち絵なので、問題は無いのかもしれない。

× モミジ
厨二心をくすぐる設定とイラストを持つイベント産の子。
スキルレベルが10と高いが、最大になると3倍の攻撃を出せる。ただし、効果時間は短いし、終了時麻痺するオマケ付き。
覚醒すると攻撃速度が落ちる代わりに攻撃力が上がる。
スキルが命なので、出来るだけスキルレベルを上げたい。



b0192497_6422831.jpg

忍者
東方イベントでサムライと同時に登場した、追加職第3弾のクラス。
近接職なのに遠距離攻撃が出来る、便利な存在。
攻撃速度が全職中もっとも早い
ただし、ステータスはそこまで高くないので、出来るだけ敵をブロックしない位置で使いたい。

鉄、銅忍者
使いません。

銀忍者
使いません。

○ ヒエン
攻撃強化Ⅲを持つ金忍者。
攻撃強化が優秀過ぎて、このスキルを持つヒエンも優秀と言える。
立ち絵のかっこよさもあり、人気は高い。

△ ヒナ
攻撃強化Ⅳを持つ白金忍者。
覚醒すると貫通のアビリティを持ち、防御の高い敵には弱い忍者のマイナス点をカバー出来る。

× アザミ
イベント産忍者。
暗殺効果を持つスキルを持つので、暗殺を撒く忍者として使える。
ステータスが防御に好感度補正があるので、他忍者と比べて防御力が高い点もいい。
忍術Ⅲはサキのスキルと同じなので、スキル餌としても使える。
覚醒すると即死攻撃を持つようになり、暗殺方面がさらに強化される。

○ サキ
忍者で一番最初に登場した、イベント産黒忍者。
現段階では魔水晶でいつでも交換出来る。
攻撃速度アップのアビリティを持ち、全ユニット中もっとも攻撃速度が早い。
それ以外は攻撃寄りなアザミという感じ。
覚醒すると攻撃速度がさらにアップ。
しかし真の覚醒はスキル覚醒にあり、射程が260まで伸び、3体まで同時攻撃出来るようになる。
かなり強力なスキルになるので、スキル覚醒は絶対した方がいい。

× ナギ
イベント産黒忍者。
妖怪タイプの敵に特効を持つ。
スキルはHP、攻撃、防御にそれぞれ同じ倍率が乗るというもの。最大で1.6倍。
スキル中は忍者にあるまじきステータスを持つので、安心して放置出来る。
スキル覚醒するとさらに倍率が上がり、2倍+魔法耐性30アップとなるが、戦闘中1回しか使えなくなるため、使いどころが難しい。
短いマップで最初の厳しい所を処理するのに使える。



b0192497_6423443.jpg

ペガサスライダー
コストの高いワルキューレ。ステータスも微妙に低く設定されている。
最大の特徴はスキル中ブロック0になり、自分中心の範囲攻撃をする事。
通常時はワルキューレと同じコスト稼ぎをしつつ、ラッシュ時にはスキルで一気にコストを稼いだり、自分で処理出来ない強敵を避けるのに使う。
ワルキューレと違い、耐久面でかなり不安な部分があるクラスなので、敵の攻撃が集中する場面は避けたい。

ステラ
スキル時間が短い代わりに再動が早いというスキルを持つ、小回りの効くペガサスライダー。
ラッシュの中にちょくちょく強敵がまじるマップで、ぴょんぴょん飛んで避けるのに使いやすい。
スキル覚醒すると、再動や効果時間が延び、攻撃速度が上昇する為、一度のスキルでコストの稼ぎが良くなる。

△ リディ
一番最初に登場したペガサスライダー。
覚醒すると20%の確率で1.8倍の攻撃を出す事が出来る様になる。
スキル覚醒すると、スキル中の攻撃範囲が倍近く上昇し、ダメージを与えた敵の移動速度を下げる効果を付与する。
敵に攻撃する機会が増え、1.8倍撃を与える機会も増えるので、ぜひスキル覚醒して使いたい。

× イザベル
イベント産白金ペガサスライダー。
HPは全ペガサスライダー中もっとも低いが、好感度のお陰で防御力はもっとも高い。
スキルに癖があり、最大3回しかスキルを発動できず、使うたびに攻撃倍率が下がる。
覚醒するとペガサスライダーの攻撃力を7%アップさせるアビリティを取得。
スキル覚醒は、さらに癖が強くなり、スキル回数制限はなくなるが、攻撃強化と防御強化のスキルを交互に使う感じになる。しかも空を飛べるのは攻撃力アップ時のみなので、扱いに少し戸惑うかもしれない。
スキル覚醒しない場合で見ると攻撃倍率の上がるスキルを使うのはイザベルだけなので、スキル覚醒は必要ないかもしれない。

エスタ
黒ペガサスライダー。
黒ならではの、設置2秒でスキル発動が最大の強み。
マップ最初から配置されている動かない敵が密集してる地点に投入して、一気に殲滅出来る。
スキル覚醒すると、設置5秒となるが、効果時間が60秒と長く、攻撃倍率も付くのでオススメ。
マップ中央に陣取ってコストを産む扇風機になる。
自身の持つアビリティでさらに効果時間もアップするので、稼ぎ出すコストは計り知れない。



b0192497_6423613.jpg

ダークナイト
人気の高い敵ボス、暗黒騎士団団長が度々プレゼントしてくれるイベント産職業。
コスト分性能の高くなったブロック2ソルジャーという感じ。
覚醒するとパラディンとなり、白くなる。
パラディンになると、HP減少すればするほど防御力が高くなるという特性を持つようになる。

× ユリナ
団長が最初のイベントで連れてきた子。
スキルが敵の攻撃を10%ダウンさせるという地味な性能。
覚醒すると魔法耐性が25になり、魔法受け性能がかなり良くなる。
スキル覚醒で、防御2倍、敵物理攻撃10%ダウンとなり、4000程度の攻撃を受けることが出来る様になる。
効果時間が60秒と長いので、他ユニットの援護としても使える。

× エルヴァ
暗黒騎士団出身2人目。
防御寄りのユリナと対になっていて攻撃的な性能を持つ。
スキルは攻撃回転数が上昇し、攻撃倍率も付くので、かなりのダメージを叩きだす。
スキル覚醒するとさらに攻撃倍率と攻撃速度が上がるが、効果終了時は疲れてHPが半減する。
が、パラディンの性能で防御力にボーナス得れる状態になるし、特に気にしなくてもいいかもしれない。

コーネリア
最初から必殺の一撃を持つ黒ユニット。
覚醒するとホーリーエンチャントとなり、アンデッド、デーモンには100%で必殺の一撃が発動するようになる。
デーモンに特効を持つのはコーネリアだけなので、対デーモン戦のエキスパートと言える。
スキルはユリナの強化版で、最大15秒間敵の攻撃を30%下げる。
スキル覚醒すると55秒間防御と魔法耐性が2.5倍になり、20%の確率で全敵の攻撃が無効となる。
黒の圧倒的なステータス、覚醒スキルの高い倍率で白金アーマー以上の性能を誇る優秀な子。もちろん攻撃性能もアンデッド、デーモンに対しては飛びぬけて高い。
他キャラが持つステータスアップ系のアビリティと合わせれば防げない攻撃は無いので、大事に育てていきたい。


b0192497_6424113.jpg

アベンジャー
HPが一定割合で減ってる場合、その段階で攻撃力が増加する(最大4倍)
基本的に回復職と合わせて展開される事が多いアイギスでは、その特性を活かしにくいのが現状。
敵の攻撃で綺麗にHPが削られて効果が出るように調整出来るなら活躍の機会は増える。
攻撃倍率の恩恵を考えない場合は、ワルキューレの方が使い勝手は良い。

ドロシー
ドワーフのアベンジャー。
ドワーフは攻撃速度が通常より遅い分ステータスが高いという特性を持つ。
その為か、攻撃力はアベンジャー中最高の数値を持つ。
スキルが特殊で、スキル効果中はHPが0になってもHP50%で復活出来るというもの。
アベンジャーは自身のHPを減らすのが仕事の内なので、事故を気にせずHPを減らせるのは利点。

○ ザラーム
スキル効果時間は短いが、最大で防御、魔法耐性が3倍になるスキルを持つ。
防御1000オーバーだと大部分の敵の攻撃が最低値になるので、HPの調整がしやすい。
回復を受けない場所でHPが5割を切った所でスキル発動、スキル効果中に敵を倒すのが主な仕事。

× ロアナ
回復系スキルを持つので、単独で行動しやすい。
覚醒すると状態異常無効のアビリティを取得出来る貴重なキャラ。
アベンジャーに現段階ではスキル覚醒は無いが、今まで実装された回復形のスキル覚醒は全て攻撃系なので、スキル覚醒にも期待が持てる。



b0192497_6424424.jpg

モンク
ブロック2の回避能力持ち低コストユニット
ソルジャーでは対処出来ない敵のラッシュを処理するのに役立つ。

ダン
特に使い道は無いが、男マップで序盤のフォローに使える。

ジーナ
好感度がHPなので、覚醒するまでは特に特徴もないモンク。
覚醒すると貫通のアビリティを取得。15%と発動率は低いが、ある程度攻撃力の低さをカバー出来る。
スキルはモンクに多く見られるラッシュで、攻撃の回転数が上がるもの。
スキル覚醒すると回転率は落ちるが、HP3倍、攻撃力1.5倍となり、6000オーバーのHPを手に入れる事が出来、黒山賊以外には負けない、金では突出した肉盾性能を誇るようになる。

モモ
攻撃強化Ⅲを持つ、安定した性能を持つ金モンク。
スキル覚醒するとスキルが特殊になり、攻撃型と防御型を交互にこなすキャラに変貌する。
倍率は高いが、少し扱いづらいと思われるが、特に損するところも無いので、リキャスト45秒の攻撃倍率2.2倍のスキルと思えばいいかもしれない。
スキル覚醒は好みで。

ウル
ラッシュ持ちの白金モンク。
獣人族という種族だが、特性は何もない。
覚醒するとオートヒールという自動回復アビリティを持つ。毒沼や単独行動、ヒーラーが出撃する前の戦力として期待が持てるアビリティ。
スキル覚醒すると貴重な貫通属性持ち攻撃となるが、使う度に攻撃倍率は下がる。
が、モンクは序盤に展開するユニットで、2回もスキル使えば十分仕事をしたことになり、高コストユニットと交換すればよいだけなので特に問題はない。
もちろんスキル覚醒して使いたい。

× リン
イベント産の白金モンク。
攻撃と防御が1.5倍になるスキルを持つので、かなり安定感がある。
覚醒するとモンクの攻撃力を7%アップさせるアビリティを取得。
スキル覚醒は10秒と効果時間は短いが、攻撃力1.6倍、攻撃速度アップ、自身中心の範囲攻撃になるので、序盤のダイソンとして活躍出来る。
再動も25秒と回転率がいいので、どんどんスキルを使っていきたい。

アリス
最近登場した黒モンク。
確率で範囲攻撃するアビリティを最初から持っている。
スキルが防御系なので、殲滅力は少し心元無いと思うかもしれないが、基礎攻撃力が高いので、そこまで困らない。
覚醒するとアビリティに配置中のモンクを死亡した場合撤退扱いになる能力がプラスされる。(範囲攻撃はそのまま)
スキル覚醒が優秀で、最大HPをそのマップ中使う度に永続で元の数値から10%ずつ上昇させる。攻撃力も2倍からさ偉大2.5倍になるので、防御力以外はステータスモンスターとなる。
もちろんスキル覚醒して使いたい。



b0192497_6424753.jpg

前衛軍師
マップに配置していると、味方の出撃コストを下げる能力を持つ職業。
自身の戦闘能力は、ブロック2のソルジャーといった感じ。
覚醒するとブロック2で、ブロックした敵を全員攻撃するという、サムライみたいな攻撃性能になる。

△ ウズメ
覚醒すると味方全員の攻撃力を5%アップさせる。
さらにスキルも味方全員の攻撃力を20%アップさせるものとなっており、ウズメが居るだけでかなりのダメージアップとなる。
スキル覚醒すると効果時間が減るが、使用するたびに攻撃倍率が上昇するようになる。
再動が長いので短いマップではあまり使えないが、長時間マップではかなりの効果を見込める為、スキル覚醒して使っていきたい。

× シュウカ
イベント産ユニット。
イベント時、マップに初期配置されてるのだが、死んだら☆が下がるのに最前線で陣取ってるその姿から、前線軍死と言われた事もある。
スキルは味方全体の攻撃を10%上げる援護型。効果時間も長く使いやすい。
スキル覚醒するとブロック3になり侍化。攻撃力が高い分防御力が低いが、その分回避が60%あるアカネとサクヤを合わせたみたいなキャラになる。
個人的には前衛軍師は援護に生きて欲しいので、スキル覚醒は不要。

マツリ
スキルが黒特有の初動と合致して使いやすい。
序盤の雑魚掃除に適してるスキルで、初手から展開出来る。
覚醒してからが本番で、全近接クラスのステータスに5%のボーナスを与える縁の下の力持ち。
スキル覚醒すると援護特化となるが、射程が近接の中では特に長い280と使い勝手は抜群にいい。
スキル覚醒するかどうかは好みの問題かと思われる。



b0192497_6424983.jpg

魔法剣士
忍者みたいな性質を持つが、スキル時、攻撃が魔法攻撃となる。クラスの状態にもよるが、遠距離攻撃にマイナスの倍率が付く点も忍者とは違う。
ステータス的には、ペガサスライダーと同程度だが、射程200の攻撃範囲があるので、そこそこのダメージを叩きだす。
近接マスに配置出来る貴重な遠距離魔法攻撃枠なので、マップによっては重宝する。

銀魔法剣士
特に使わないが、男マップではリカルドが貴重な魔法攻撃ユニットとして活躍出来る。
ただし、スキルの初動がかなり遅いので、その点を踏まえて使わないとスキル未使用で終わる事もある。

アネモネ
ホルエスと同じスキルを持つ金の魔法剣士。
特に特徴も無いが、スキル覚醒すると効果時間が少し減るが、攻撃倍率が2倍になり、回転率も少しよくなる。
使うなら覚醒して使いたい。

× シャルロット
いつも暴走しているイベント産魔法剣士。
見た目と行動でかなりの愛されキャラ。
他の魔法剣士と比べてスキルの効果時間が短いが、その分回転率がいいので、物理と魔法の使い分けがしやすい。
覚醒すると20%の確率で2回攻撃になる追撃を持つ。
さらにスキル覚醒すると攻撃倍率が上がり、さらにスキルが自動発動になるので、手間がかからない。
物理攻撃をしたい相手に魔法攻撃をするなんて場面も出てくるが、その場合は最初から使わなければ良いだけなので、特に問題はない。
もちろんスキル覚醒して使っていきたい子。

× ホルエス
イベント産魔法剣士その2
すでにシャルロットが登場してたのもあって、使ってる人は少ない。
特徴として、覚醒すると攻撃力が上がる代わりに攻撃速度が下がるパワーアタックを取得するが、遠距離の場合攻撃倍率が70%になる魔法剣士の特性に少し合わないと思う。
スキル覚醒をすると倍率は少し下がるが、2連続攻撃になり、ダメージ期待度が上がる。
攻撃力は高いので、ダメージの期待値は大きい。スキル覚醒して使っていきたい。

サビーネ
よく名前を間違われる。魔法剣士で一番使い勝手がいい子。
エルフ登場時からあるタイプの、長時間攻撃と射程が延びる魔法剣を使う。
覚醒すると魔法剣士の攻撃力が7%上昇するアビリティを持つ。
スキル覚醒が強力で、80秒という長い時間、攻撃と射程が延び、貫通属性になる。
手に入ったらスキル覚醒目指して育てていきたい。


今回はここまで、その3に続きます。
[PR]
by chaoson2 | 2015-11-04 22:44 | 千年戦争アイギス